最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)

  • 55 読みたい
  • 48 現在読んでいるもの

発行元 宮下奈都 .

    Download 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  恩田 陸
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2017年01月20日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000003499
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    恩田陸にしか書けない、緊迫の舞台型ミステリー


    舞台は、アパートの一室。

    別々の道を歩むことが決まった男女が、最後の夜を徹し語り合う。

    初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿ーー共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。

    濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。

    不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編!


    「一つの部屋に、男女が一人ずつ。具体的な登場人物はこの二人だけ。そして、章ごとに男の視点と女の視点が入れ代わる。

    読み進むうちに、どうやら、二人は今まで同居していて、引っ越しを決め、最後の夜を共に過ごそうとしていると分かってくる。

    そして、さらに読み進めれば、二人はある殺人事件に関わっているのかもしれないという予感がしてくる。

    ……まだ、小説を読まないまま、先にこの解説を読み始めた人に伝えられるのはここまでです。」

    (解説・鴻上尚史)

あなたも好きかもしれません

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) by 宮下奈都 ダウンロード PDF EPUB F2

イマイチ文章に入り込めず、でもレビュー評価も高かったので最後まで頑張って読みました。
でも最後まで読んでも、登場人物(回想や思い出で出てくる人たち含め)の誰にも興味も共感も持てず、終始モヤモヤしました。
苦手な分野です